即日ローンの金利についての基礎知識

8月 19th, 2012 Posted in | コメントは受け付けていません。

まず、利息についてはっきりと理解しておきましょう。利息とは、カードローンなどでお金を借りた場合に、借りたお金とは別に手数料として支払う料金のことです。以前はいわゆるグレーゾーンと呼ばれていたこともありましたが、貸金業法の改正により金利が引き下げられたためこの「グレーゾーン金利」は無くなりました。

金利にはいくつか種類があります。日歩とは、元金に対しての1日あたりの利息です。月利は、元金に対しての1カ月の利息の割合を示し、年利は元金に対しての1年間の利息の割合を示すものです。

利息の計算方法は、借入残高x年利÷365x利用日数で求められます。

金利、利息、利子、利率など色々な呼び方をされますが、特に使い分ける必要もなく、どの言葉を使っても構わないと思います。金利は元金に対して%で示されることが多く、現在金利の上限は29.2%と定められています。

金利が低く設定されるのは、主に担保のあるローンで、万が一返済がされなくなっても担保を売却することで返済の代わりとすることができるためです。また、目的を絞って貸し出される場合にも、金利は低く抑えられる傾向があります。逆に利用目的が自由なキャッシングローンでは、金利が高くなるということです。